Ling Lee product

產品

Products

Ling Lee無添加野生山茶食用油 (Natural Camilla Seed Cooking Oil)

容量:
500ml
價錢:
HK$145.00

 

山茶油又被譽為“東方橄欖油”是一種難得的健康油,它那以油酸為主的不飽和脂肪酸含量高達91%,長期食用山茶油能有效地幫助人體降低血液中的膽固醇含量。

 

食用油可分動物脂肪和植物油兩大類。它的主要成分是中性脂、磷脂、膽固醇和維他命A、D、E等。當中的脂肪則由各種脂肪酸構成。有些脂肪酸是人體必需的,例如亞麻油酸、亞麻油烯酸和花生油烯酸。而亞麻油酸和亞麻油烯酸則以植物油的含量最多。

 

通常,植物油含有大量不飽和脂肪酸,在室溫下呈液態,例如花生油,山茶油、粟米油等。而動物脂肪(油)則富含飽和脂肪酸,其形態在定溫下多是固體狀,例如豬油、牛油。但魚油是例外,因為它同時含有大量不飽和脂肪酸。

 

首先,植物油中也含有飽和脂肪酸,只是含量不高而已。另一方面,動物油如豬油、牛油,雖然含有豐富的飽和脂肪酸,容易積聚在人體內,但並不表示它絕對有害健康。它一樣能為人體提供熱量、構造細胞等。喜歡進食動物油的人,如果他多運動多勞動,讓脂肪分解不會積聚體內,一樣能保持身體正常、健康。

 

不飽和脂肪酸為何被視為必需脂肪酸或美容酸呢?

當不飽和脂肪酸進入人體之後,就會轉化成身體所需要的化學成分,例如有些食物是有消炎作用的,進入人體後,必須要有不飽和脂肪酸的協助才能發揮功能。如果皮膚粗糙、脫皮屑、頭髮乾枯易脫落等,多數是體內缺乏不飽和脂肪酸之故。

 

什麼油溫有利於炒、煎、炸?

煙點高於攝氏190度的植物油都可以用作煎炸,當然愈高愈好。

 

所有植物油都不耐高溫嗎?

要看該植物油的性質成分而定。例如提純後的山茶食用油,經測試顯示它能耐攝氏200度的熱力,所以它可以用來煎炸食物。同時也發現,它有很高的抗氧化功能。

 

每一種植物油都需要經過提純這程序才能食用嗎?

提純的作用是剔除初搾油內的雜質和氣味,讓成份變得穩定,不易變質、保存期長,油色清而不再深黃混濁。

 

就算是護膚護髮外用的椿花油都必須提純嗎?

當然囉。不然會令皮膚出現敏感反應嘛。切不可用初榨的山茶油來護膚呀,不要以為色澤金黃即是純過清純,可以抹在皮膚上。這就錯了。初搾色澤金黃的油,雜質多且成份不穩定,易變質,那又如何能令皮膚得到改善呢?

 

其他食用植物油又如何提高抗氧化功能呢?

有些本身抗氧化功能不高的植物油為了市場需要,會添加兒茶素、油多酚這些抗氧化物質來提高其抗氧化功能。要知道,加進了添加劑後,油就不是純天然了。

 

天然山茶花食用油

山茶花は「東洋のオリーブオイル」と称えられるほど、極めて健康に良い油であり、油酸を始めとする不飽和脂肪酸がなんと91%も含んでいるため、長期的に摂取することによって、人間体内の血液のコレステロール量を減らすことが期待できる。

 

食用油は主として動物脂肪と植物油の2種類に分類されているが、主に中性脂、コレストロール、ビタミンA、DとEを含んでいる。中の脂肪は各種の脂肪酸から成り立つが、一部の脂肪酸、例えばリノール酸、亜麻仁油酸、ピーナツ油酸などは、人間が生きていく上での必須なものとなる。またリノール酸や亜麻仁油酸は植物油に多く含まれている。

 

通常、植物油は不飽和脂肪酸を大量に含んでおり、ピーナツ油や山茶油やコーン油などのように、室温では液態を呈している。一方、動物脂肪油は飽和脂肪酸を大量に含んでおり、豚油や牛油のように、常温では固態を呈している。ただし、同時に大量の飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸を含む魚油が例外である。

 

無論、植物油の中にも飽和脂肪酸が含まれているが、量はそれほど多くない。一方、豚油や牛油をはじめとする動物油は、豊富な飽和脂肪酸を含んでおり、人間の体に貯蓄しやすい傾向があるのだが、必ずしも体に害を与えるとは限らない。不飽和脂肪酸と同様に、飽和脂肪酸も人間にエネルギー投与や細胞構築に貢献するもので、それを摂取した人間が食後に適宜な運動と労働さえすれば、脂肪分が体に貯蓄しにくくなるので、体は正常な機能を保つことができる。

 

なぜ不飽和脂肪酸が必須脂肪酸/美容酸と見なされているのか。

不飽和脂肪酸が人体に入ると、人間の体を構築する上での必須な化学成分に転じ、例えば一部の食物には、炎症を抑える作用があるが、人体に入ると不飽和脂肪酸の協力があってこそ、最大の効果が発揮できる。したがって、肌が荒かったり脱皮したり、また髪の毛に潤いが足りなかったり抜けたりするのは、大抵の場合は体内に不飽和脂肪酸が欠けているからだと見なされている。

 

炒めたり焼いたり揚げたりするのに適する油はどんな油?

燃焼性は、煙点により評価されるため、煙点が摂氏190度以上の植物油であれば、炒めたり焼いたり揚げたりするのに適す。無論それは高ければ高いほうが望ましい。

 

すべての植物油は耐熱性欠けているのか?

植物油の成分によって、やや耐熱性に長ずるものもある。例としていえば、豊富なエキスが抽出された山茶花食用油には、約200度の耐熱性があるという実験結果が明らかになった。つまり、山茶花食用油は、料理を焼いたり揚げたりするのにも適するし、また著しい酸化防止の働きを有するという結果もみられる。

 

すべての植物はエキスを抽出してからでないと食事できないのか?

エキスを抽出するとともに、初絞りの時に残された雑質や匂いを排除し、成分を安定させることができる。つまりこの作業を通せば、油が変質しにくくなり保存期間が長くなるとともに、油の色も黄ばむことなく清らかなままで保たれる。

 

肌や髪の毛に塗るための外用の椿オイルも、エキスを抽出しなければならないのか?

当然のことである。上記の通り、エキスの抽出というのは、「残された雑質や匂いを排除」する働きも兼ねているので、むしろそうしないと、皮膚がアレルギーなどの反応を起こしかねない。実は、山茶花油は光沢があって金色だからといって必ずしも成分がピュアとは限らないので、初絞りの山茶花油を直接に生肌に塗ってはいけない。むしろ初絞りの山茶花油には雑質も多く含まれており成分も安定しておらず変質しやすいため、それを肌に塗ると、肌質を改善するどころか、悪化させてしまう恐れまである。

 

その他の植物油はどのようにして酸化防止機能を高めることができるのか。

市販されている一部の商品は、もともと酸化防止機能が低いが、それをいかにも高いかのように見せかけるために、カテキンやポリフェノールなどの酸化防止成分を入れることも珍しくない。その結果、油がピュアな油でなくなることは言うまでもない。


山茶油又被譽為“東方橄欖油”是一種難得的健康油,它那以油酸為主的不飽和脂肪酸含量高達 91%,長期食用山茶油能有效地幫助人體降低血液中的膽固醇含量。

Camilla seed cooking oil, aka “olive oil from the orient”, contains 91% of unsaturated fatty acids.

A very healthy cooking oil which can improve cholesterol levels.